3本も観れたよ

・6月21日 29+1(29歳問題京都シネマ
 ひっさびさの香港映画!思っていたよりほっこり、あったかく終わったラスト。香港行きたい!

・7月7日 Catch Me If You Can BSシネマ
 前から観たかったのでずいぶん前に録画しておりました。デカプリオの痛快コメディ、かな。んなあほな〜なんだけど、実話だからね。古き良きアメリカ時代のものかしら。

・7月8日 Call Me By Your Name 君の名前で僕を呼んで 出町座♪
 けっこう期待していたけどちと間延びしてたかなぁ。ただ前評判が高かった主人公のラストシーンは良かった。
 やっぱり少年でもヨーロッパ系かっわいい系イケメン少年はスクリーンで光っておりました。

8月もできたら1本は観たいなぁ。

7月31日山下達郎パフォーマンスツアー2018 大阪フェスティバルホール

 こちらもすごかった。あいかわらずのいぶし銀コンサートでした。が、達郎さんものすごく元気でアンコールの頃にはこちらがばて気味でした。御年65歳。あのパワーにあやかりたい!コンサート内容はいつものごとく、素晴らしい!文句なし!

 6月15日 京都交響楽団定期演奏会

 いやぁ、これは良かった。指揮者のリオ・クオクマン、マカオ出身。聡明さと親しみやすさの絶妙のバランス。ピアニストでもある彼はなんとアンコールでピアノを披露してくれました。たまたまバイオリンソリストの彼(名前忘れた)とは仲のいい友だちで、この公演で一緒になったのも偶然だそう。もちろんバイオリンとピアノで素敵な曲を演奏してくれました。(曲名も忘れた)
 クラッシックも映画も結構指揮者、監督で選んでいるのでこれからはクラシックリストにリオ・クオクマン氏を入れておこう♪

広上さん指揮の京響

 ものすごく久しぶりにクラッシックのコンサートへ。映画と同じでクラッシックは指揮者で選ぶことが多い。広上さんはまだ見ていなかったので楽しみにしていきました。'初'広上さんはとってもかわいかったのです。こんな事を言うと失礼かもしれないけれど、広上さんは全身で指揮をたのしんでいるようでした。そしてあのジャンプ!もしかして「のだめカンタービレ」のジャンプする指揮者のモデルさん?とも思ったのですが、真相はいかに。

大橋トリオ 

 こちらは一昨年岡崎ループで初めて見ております。イベントの一つだったのでコンサートでの反応はいまいち。気の毒だったわ。
今回は普通のツアーだったので気持ちよく聴けました。びっくりしたのは最初から立って聴いたこと。やっぱりファンクラブの面々が前のほうに居はりました。
大橋トリオがほんとうに楽しそうに音楽を奏でるのでほんとに楽しかった。こんなに朗らかで良い気分になれたコンサートは初めてかも。すべての楽器ができるし、ピアノもギターもうまい!(当たり前だけど)。これから大橋トリオのコンサートは行くことに決めたし。

STEREO

STEREO

椎名林檎 ひょっとしてレコ発2018

 椎名林檎のコンサートは初めて。ユーチューブなどで見ていたけど、いろんな仕掛けがたくさんで楽しめた。
 今回のコンサートのメンバーに長岡亮介氏が居なかったので残念〜!
 ちょうど後ろの席は外人さんだった。いっぱい英語の歌詞がでてきたのでそのあたりも狙っているのかな。
 3階だったけど、よく見えましたわ。さすが大阪フェス!

逆輸入~航空局~(初回限定生産盤)

逆輸入~航空局~(初回限定生産盤)